派遣社員の3年ルールと契約社員の5年ルール

 

やま猫です。

気になるテーマですよね。友人に派遣で働いていて、この言葉を良く聞くので記事にしてしまおうと思った訳です。さらには意味を履き違えてしまっている方もいると思い、社員で働いている側からの意見も書いてみようと思ったわけです。

派遣社員は3年が上限、契約社員は5年までしか働けないのはご存知ですか?
参考:労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

 

派遣社員の3年ルール

簡単に説明すると同じ職場で働く事ができる上限年数が3年です。これは法律で決められている事になります。派遣社員は有期雇用となりますよね。企業は正社員を雇用する場合、かなりのリスクを背負う事となり、簡単に採用する事ができません。そこで活躍するのが派遣社員や契約社員ですね。

ただ…それが、非正規社員の増加につながり、日本の労働力低下につながります。企業は気軽に人を増員でき、働く側も社員ほど責任を負わず、ある程度の月給を得る事ができます。これが派遣の生い立ちですね。ただし、先ほども書いたとおり、非正規社員が増える事は日本の企業や経済の衰退を表します。そこで登場したのが、「派遣社員の3年ルール」と「契約社員の5年ルール」となります。有期雇用を期限を切る事で社員への雇用を促す目的があります。

 

ではシンプルに3年や5年たったらどうなるの?

ここがきになりますよね。企業は3年や5年たった場合、その人を派遣社員として出なく、改めて正社員とか、契約社員として雇用する事になります、ただし、当然契約がそこで終了という事もあります。むしろ、そのほうが多いような気がしてます。ある人が3年たったら正社員になれるんだよね?と話しているを聞いた事がありますが、簡単にはなれません。仮に正社員になったとしても、法律では賃金の事までは、決めてません。仮に正社員や契約社員になったとしても、待遇はそのままという場合が多くなります。また、契約を切る場合は企業は他の人材を探せば良いので、直接雇用するメリットがあまりありません。



※派遣から直接雇用する場合の企業のコスト
どこかの記事でも書いた気がしますが、派遣から正社員に雇用する場合、企業側には採用する人の年収1/3のコストが発生します。仮に年収が300万だとしても、企業は派遣会社に100万のイニシャルコスト(派遣会社により変動)を支払う事となります。そこまでして企業が直接雇用するメリットがあれば良いのですが、通常はそこで契約終了となるのを、理解して頂けると思います。

 

3年たったらその会社を辞めないとだめ?

ここも、解釈しだいみたいですね。簡単にご説明すると同一組織がダメで、同じ会社内で移動ならOKだということです。ここ、以外と見落としがちな部分です。

契約社員の場合は?

はい、契約社員が5年を超える場合、有機雇用から、無期限雇用に変更をしなければなりません。労働者が5年を超えて、無期限雇用を希望した場合です。でも企業としても、派遣社員は有期雇用ですので、その前に雇用終了となる場合はあります。また、先ほど記載したのと同じように、無期限雇用になるからといって、待遇が良くなるとは限りませんのでご注意ください。法律で決められている部分で、待遇面までは決まっていないので、同じ待遇で有期雇用となる場合も発生します。ただし、派遣社員から直接雇用になる場合とちがい、コストは発生しません。ここが大きな違いですね。

よく考えて仕事をする。
年派遣社員をやって、そこから5年契約社員として働いた場合、8年の月日を費やす事となります。本当にその会社でしか働きたくない場合や、派遣や契約でも自分で納得の行く待遇なら良いと思います。ただ、現実、しょうがなくその待遇で働いてる方も多くいらっしゃいますね。派遣社員から、直接雇用になる場合企業側にかかるコストも結構大きな額となります。そこまでにその企業で成果を出すか、転職するか?を決める必要あります。
 

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です