派遣社員の立ち位置に注意。

 

 

やま猫です。今日は転職ではなく実際働いている時のお話。

 

今働き方が多様化してますね。ニュースで何年かぶりに正社員が増えて非正規が減少傾向にあるとかないとか。契約形態によって働き方や仕事中の確認の取り方等、色々変わってきますよね。「私は派遣だからここは判断できないとか…」「俺はリーダーだからこれやっとかないとまずいな…」とかね。色々でてきます。皆さんも経験ありますよね。

でもね、確かに雇用形態によって色々な壁が出てきますが、1つ共通していえる事は、雇用形態を最初に口にする人って結構使えない人多いです。これはなぜなんでしょうね。「私は契約社員だからここまでは私の仕事じゃない」とか言ってる人もいましたね。結論から言うと、その手の人たちって多分どの雇用形態でも似たような事を言います。

 

派遣社員に求められる事。

かなり世の中になじんだ雇用形態となった派遣社員。まず頭に入れてほしいのは派遣はバイトではないですよ。むしろ企業は派遣会社に結構な金額を払ってます。また企業は派遣社員を新しい人がくるまでのつなぎとは考えてなく、ガンガンの即戦力としてみますからね。今働いていてここを勘違いしている人、本当に多いんです。いつの間にか派遣はアルバイトの次位の位置づけで考えて入社してきます。完全に間違ってますのでご注意ください。企業が派遣をやとうメリットとは莫大なコストに変わり、探す手間が省ける事、即戦力として見れる事です。その対価として下手すると社員より高いコストを書けます。また、社員違い、有限での契約なので正直扱いやすさはあります。そのデメリットをちゃんと考えて派遣をやる方は仕事に挑みましょうね。



 
当然、中にはかなり出来る派遣さんもいます。結構沢山います。なので残念でなりません。本人もそれをよくわかっている場合も多く評価も高いですね。でも、絶対その時点では社員を超えられません。なぜかというと、その人が派遣ではなく正社員と同じ責務で働いた時に同じ能力が出せるとは限らないからです。
 

派遣という働き方。

僕も1年間ですがWEBの学校に通いながら派遣社員をしてました。ただ、派遣に関してはデメリットしかないのでは?と思っています。この記事でも書きましたが、一度派遣でその企業に働いたとします。そこから社員になる場合は通常の採用より企業にコストがかかってきます。そのコストをはねのけるだけの能力を出さなければなりません。これ、間近で色々見てきましたが結構ハードル高いですよ。年収の1/3ですからね。

 

なら派遣社員の働き方は??

そう、それですね。そもそも派遣社員とは高い時給で働く即戦力。その分働く人はその企業の前線にでて社員の補佐的な仕事をガンガンやります。また、通常なかなか就職が難しいような企業で働く事も可能です。人脈もできます。まさにここですね。派遣はその企業で働いて何かしらの実績を出して初めてメリットが生まれます。面接に行くときも派遣でやってましたというのは正直デメリットにしかなりませんからね。もし正社員と派遣社員で迷っているならまよわず正社員で行きましょう!

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です