入社後、すぐにやるべき3つの事

 

やま猫です。

 

今日は転職ではなく、転所後の入社してからのお話です。入社の時って緊張しますよね。最初にみんな思う事は良い所を見せよう!とか、仕事で知見がある事を知ってもらおう!とかですよね。でも…その前にやるべき事が3つあります。

 

周りの人の名前をいち早く覚える!

入社後、周りの人が見ているのは実は90%がコミュニケーション能力の高さがどうか?です。仕事はある程度の事であれば時間と経験が解決してくれますが、コミュニケーション能力はそうはいきません。実際仕事での退職理由は半分が「人間関係」です。入社前にその人の経験やスキルは職務経歴書で解っていますが、コミュニケーションまでははっきりとわかりません。ある意味、企業としては一番心配な部分です。まず最初に名前をしっかり覚えて、仕事を教えてくれる人、自分の上長などの名前を憶えて初日から名前で呼べるようにしましょう。

 

言い訳をしない。

最初の場合、仕事を教えてくれる人も入社した人もお互いの性格がわかりません。仮に自分があっているとわかっていても、最初は「申し訳ありません」と謝罪を入れましょう。これが大事です。納得いかないかもしれませんが、会社で働くという事は納得いかない事の連続でもあります。しっかりその人の意見を聞きながら、性格を把握していきましょう。



 

朝と帰りの挨拶をしっかりする。

挨拶ができない人の周りには人がなぜか寄り付きません。不思議ですよね。実際僕の会社もそうですが、役職が高い人に限って挨拶が大きいです。これは役職に就いたから挨拶出来るのではなく、挨拶がしっかり出来る人が役職に就きやすいです。ちゃんとできてますか?本当に大事ですよ。

 

まとめ

仕事はストレスの連続でもあります。そんな中、少しでも円滑にコミュニケーションを取ろうとする事がそのストレスを減らす方法でもあります。コミュ力高い人や明朗活発な人には仕事がやってきます。また、じめっと暗い人にはなかなか仕事をお願いしにくいですね。

なるべく周りの人たちが、自分に話掛けやすい雰囲気を作ってあげましょうね。仲間を作れる人は自動的に仕事が出来る人です。頑張りましょうね!

 

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です