仕事をする上でやってはいけない日常の行為≪3選≫

 

こんばんは!

仕事をしていると本当に色々な人と接する機会があります。またストレスが溜まる原因もそこにあります。自分の知らないうちに周りにストレスを与えたりしてませんか?僕も結構やってしまっている事で、日常これは注意しなくてはいけない!という事を今日はお知らせいたします。

 

不満ばかり口にする人。

意外と多く、また意外と自分では気が付かない所です。自分では気が付きにくいんです。また、この辺は周りは敏感です。「忙しい!」「仕事が終わらない」「あの人の仕事の仕方だどうだ?」とか言ってませんか?不平不満は誰にでもあります。昔からの共通点として、不満ばかり口にする人の周りには人が寄り付かない傾向にあります。また不満は特に女性スタッフに倦厭されるというアンケート結果もあります。気をつけましょう。

特にリーダーたる者は肯定的な雰囲気を作り、チーム内にそれを風土として根付かせる役割があります。是非、自分から肯定的な意見を言える人間、雰囲気の源になりましょう。

 

時間にルーズ。

時間にルーズな会社は、本当の意味でダメな会社と言われています。と言うか、時間にルーズなのは会社ではなく、そこで働く人間が作り出す物です。時間にルーズなのは、意外とみんな見ています。会議のスタートが遅れるとか、朝の遅刻が多いなどは要注意。そのチームは決して伸びませんよ。時間は社長でもお金持ちでも政治家でも、皆に均等に割り振られた物。立場が下の時こそ、時間を誰よりも有意義に使ってください。



 

人の話を聞かない。

よくいませんか?こちらが話している時に常に食い気味に話をかぶせてくる人。これも仕事をする上でやってはいけない行為。人の話も最後まで聞けない器の小さい人間と言っているような物です。例え自分の言いたい事があってもしっかり相手の話を最後まで聞きましょう。そして、決して否定から入らない事。

たとえ否定をしたいくなっても、「そうではないよね!」とかではなく「それをやる上でここをこうやるともっとよくなるよね」などと、肯定したうえで、修正点を与えてあげましょう。

 

総括

今日は、ヒューマンスキルの部分を書いてみました。この3選はせっかちの人におおいのでは?とかってに考えております。

 

不満ばかり口にする人は、その不満をどうやったらなくす事ができるか?

時間にルーズな人は、さらに5分前行動で動く!

人の話を聞かない人はゆっくり話す努力をする。

 

などなど、日常常に改善する努力をしましょう。これは、毎日思っているのとそうでないのでは、1年後の差が凄いです。運動と同じですね。しっかり自分を見直す時間を作って、改善し、周りから信頼させる人間を目指したいですね。

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です