女性の転職が今有利です。

 

やま猫です。 今日すごい暑いです…

最近、転職で何の記事を書こうか、そればかり考えています。週末はDVDを見ながら仕事をするスタイルが身に付いてきました。先日、久々にリッチマンプアウーマンを見ました。面白いですね!一気に2日で全話みてしまいました。そこで社会保険庁にいた大地真央さんが劇中でこんな事をいってました。

「労働力不足の日本を救うのは女性労働力」だと。ちょっと今回は女性の転職記事を書いてみようと思います。

 

働く上での女性の強み。

これは一口では言えませんが、やはりトレンド系ではないですかね。物販やECサイト、情報系の仕事の場合、女性の感性は特に重宝されます。僕の業界も同じです。商品を売る時のキャッチコピーや、あるサービスの内容、金額面などすべて女性の意見を元に決められる傾向にあります。また、女性の仕事はキメが細かく男性が気がつかない部分を気がつきます。企業側としても、その感性を大事にする傾向が増えてます。

 

企業側から見た女性を雇うメリット。

正直に言うと、まだ男性のほうが賃金的に優遇される傾向にあります。言い方を変えれば男性より少し安い賃金で雇う事が可能です。女性の場合は結婚と妊娠だけうまく乗り切れれば、企業としてはこれからどんどん採用したい労働力となる事は間違いありませんからね。

労働力不足の解消の鍵が女性

終身雇用制が崩壊し、団塊の世代が引退、不景気からアベノミクスをへて、株価2万円台。企業はこれから成長への投資を行うという時に、この労働力不足。こちらの記事でも書きましたが、労働力不足で倒産って今、過去最大です。女性の転職は上記の事を踏まえても過去最大のチャンスが来てます。



 

女性求人がいま凄い増えてます。

女性専門の求人サイト「とらばーゆ」などをみると非常によくわかります。本当は10年前くらいの求人データなどがあればいいのですが、無いので比較ができないのが残念です。女性の求人は男性と違い、良くも悪くもわがままな求人が多く「デニムがOKの職場」などのうたい文句を見たりますね。男性だと、あったりはしますがその切り口の求人ってほとんど見ないんですよね。どちらかというと年収や、業種、将来性を大事にしますが、女性は今を大事にしますよね、働く環境とか、イメージとか。なので女性専用の求人は本当に特徴的で面白いです。

大手・大手関連企業の求人が探せるとらばーゆ

 

実は僕もとらばーゆを見てました。

女性専用ではありますが、男性の求人を受けていないわけでは無いんですよ。女性の求人は環境が整っている企業の場合が多く、そこが魅力です。男性ばかりの会社だと色々雑なんです。男性もちょっと覗いてみると面白いですよ。もし、いい求人があれば、そのまま応募するのも当然アリですからね。

 

 

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です