アパレル専門の転職エージェント:体験談

 

やま猫です。

以前からずっと記事で書いてますが、20代の頃はずーとアパレル業でした。楽しかった。僕はマルイ、パルコ、西武百貨店などを経験して最終的にエリアマネージェーでアパレルを引退しました。それが今から10年前です。アパレルで仕事を探すとわかるのですが、大きな会社になると数社しかなく、選択肢がないんです。そこで転職エージェントです。アパレル程転職エージェントが活躍する場所はないのでは?と思っています。

 

アパレルで転職エージェントを使うメリット。

今書いたように会社の選択肢が少ないです。そこで僕は当時外資に目を付けました。そう、海外ブランドです。外資ブランドってほとんど求人もなく、あったとしてもすぐに埋まってしまい、競争が激しくなってます。なら転職エージェントを使ってみようという事で当時使い始めました。

 

アパレル業界の転職ならクリーデンス

僕がしっている限り、一番大きなエージェントではないでしょうか?当時青山に会社があって、僕も仕事をしていたので遅い時間の予約も心よく受けてくれました。色々職務経歴書などの指導をいただき、書きなおし、どこを受けようかと思った所「ドルチェ&ガっパーナ」の求人を紹介してもらいました。結果面接まで行かせていただきました。当時エリアマネージャーだった僕はアパレル会社の広報部を希望しており、面接でもしっかり伝えました。落選してしまったのですが、広報経験など全くない僕が2次面接まで行けたのは、間違いなくエージェントの力は大きかったと思います。



 

非公開求人はやはりいい。

この記事で、ある程度メリットとデメリットを書いてます。ただ、このメリットとデメリットは業種問わずでの記載です。アパレル業はちょっと別で、ただでさえ年収が低い業界とされています。でもアパレル全員が低いわけではありません。もらっている人はもらっています。特にエージェントを使う事によって年収の交渉がしやすくなります。僕のようなIT業などは入社のときに必ず年収の交渉はしますが、アパレルにその風習がないというか、上がりにくい傾向がありますね。その辺、エージェントが入る事が非常に大きく役立ってきます。

 

斜陽業界と言われるアパレルですが、個人的には頑張ってほしいです。またアパレルが調子が悪いわけではなく、ネットショップやユニクロなどのファストファッションに持っていかれてりうだけです。みなどこかでは服を買ってますからね。

 
ネットショップはある程度、そのショップの売り上げが頭打ちになると、必ずリアル店舗に戻ります。おそらく今後、ネットで有名になったブランドやショップがリアル展開するでしょう。楽天市場などで有名なイーザッカマニアなんかがそれにあたりますね。
 

みんなでアパレルを盛り上げていきましょう。

 

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です