転職エージェントのメリットとデメリット【主観バージョン】

 

やま猫です。

転職エージェントのご質問を何個かもらいました。その為、転職エージェントを僕たちが使う上でのメリットだったりデメリットだったりを再度記事にしたいと思います。前回も実は同じタイトルで記事を書いてますが、今日はより細かくかければと思っています。

 

そもそも転職エージェントとはなに?

はい、ここからお答えします。転職エージェントとは、転職を手伝ってくれる企業の事を言います。転職を手伝ってくれるとはどういう事か? それは、転職にまつわるすべて事です。

 

転職エージェントのメリット

①履歴書や職務経歴書の書き方
②面接に行くときの服装などの相談もok
③自分にあった企業の選定
④面接で聞かれそうな事を事前に対策として教えてくれる。
⑤面接までの段取りや、当日同行しての道案内など。
⑥当然2時面接等のやり取りもやってくれる
⑦内定をもらった後の条件交渉
⑧入社日の交渉や入社後の様子確認
⑨非公開求人が多いので面接の倍率が下がる。

 

転職エージェントのデメリット

①転職エージェントにある全ての企業に応募できない(社内フィルター)
②採用になると企業からエージェントにコストが発生する。
③非公開求人が多いので、中には積極的に募集をかけていない企業もある。
④エージェントの担当により内定率に変動が出る場合がある。

 

ざっと書き出してみました。色々あるのでどこに魅力を感じるかはその人次第なのですが、要は、今よりいい企業や年収を目指す場合、また持っているスキルを今の企業で生かせていない、などの場合は「絶対転職エージェント」です。

理由
昔は転職エージェントを使う場合は、よく巷で部長職以上みたいな言われ方をしていました。それなりに年収もあって企業もそれなりの人がほしい場合でした。でも今は違い、転職サイトで募集をしても、いい人材が集まりにくく、転職エージェントがステップアップの方法として使わるようになってきたのです。

転職エージェントのいい所は転職は基本労働者と企業のやり取りです。そこに第三者が入る事です。転職エージェントも沢山の転職者を送り出しています。それにより集めたデータを元に企業側に自分を紹介してくれます。自分では自分の年収を400万が妥当だと思っていても、エージェント側のデータでと照らして自分の能力が600万の価値があるとわかれば600万で提案してくれます。

 

それとは別に、会社が嫌だから辞めたいなどの場合は「転職サイト」から直の応募がいいです。なぜかというとその方が次の内定までが断然早いです。後者の場合は少しでも早く退社したいという人もいるかと思います。ブラック企業に勤めていて身も心も持たない…なんて人もいますね。その理由があり、転職サイト側をおすすめします。

 

一番失敗がないのが、転職サイトで求人を探しつつ、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらい、いい企業があったほうに行く!です。どちらかを使わなければいけないという理由があるわけではありませんからね。



 

今は色々な転職エージェントがあります。時代とともに特化型となってます。看護師専門だとか、WEB専門だとかいろいろです。特化型のメリットはその業界の求人が多いです。

一般的な全体のエージェントに比べて、大きい小さい関わらず求人があります。もし行きたい業界が決まっている場合は特化型のエージェント絶対いいですし、業界をまたいで転職したい場合は、総合エージェントをおすすめします。

 

総合エージェントで人気なのは?

マイナビエージェント
誰でも知っているマイナビです。マイナビは転職から新卒、看護師やITなど色々転職専門サイトを運営しています。

ウーマンウィル
マイナビの女性専門版です。当然女性はここから言った方が、女性に優しい企業や女性の仕事の窓口が広がります。

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?
そう!このキャッチコピーはDODAです。僕が思う中で一番の求人数だと思っています。

未経験からの転職ならWORKPORT
ここは以前も紹介しましたが、IT専門の転職エージェント。今CMもやっています。一番のうりは未経験からのIT業界への転身です!

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる
この画期的なキャッチコピーはこちらもCMで人気のビズリーチです。少しハイレベル向けです。

宣伝会議グループが運営する、就活応援サービス「マスナビ」
だれもが一度は憧れるマスコミ求人専門のマスナビ。マスコミの求人は探すのも至難の業です。これはありがたい!

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】
出ました!エンジニアや開発関係。おそらく特化型で一番多いのでは?と思うIT系。

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です