40歳になって転職で考えた事。

 

やま猫です。

僕は今年42歳になります。最後の転職は41歳の時です。そう、去年です。今の会社ももうそろそろ1年が経過しようとしてます。みなさん、そうだと思うのですが、39歳で納得がいく会社で働いてないと、結構焦りますよね。僕もやっぱりそうでした。39歳と40歳では書類上の見え方が違うのでは?とか、色々考えますよね。でもね、それはあくまでニュースとか雑誌とかで書かれている、ごくごく一般論に近いです。現実は決してそんな事はないですよ。

 

≪40歳で考えた事≫

その時の僕は、多分あと1回位転職するだろう…と考えてました。実は30代の時は逆で、次の会社を最後の会社にしよう…なんて思っていたのを凄く覚えてます。40歳を超えた時に、今の会社でしっかり成果をだし、多少年齢が行っても、採用してもらえる人材になろうと思い、色々勉強をし始めたのを覚えてます。また、それまでの転職が結構急ぎ足での転職でしたので、40歳超えてからは、もう多少は変わらないから、ゆっくりと落ち着いて転職活動を行いました。これが良かったと思ってます。

 

≪40歳超えての転職で覚悟した事≫

一番気にしたのは、年下の上司になるのかな?という事です。アパレル業の時も一度会ったのですが、やはり男ですからね、年下の上司でちょっと癖のある人ならどうしよう?とかは考えますよね。でも大丈夫。今は世論が色々うるさく、会社でもコンプライアンスはしっかりしてきてます。逆に、そういった上司は結構すぐ降格やら、移動になるケースが増えてます。また、40歳を超えての転職は周りの見方も違いますよ。 さっき書いた40歳を超えての転職ってみんな、難しいと思ってます。良い方を変えれば40歳を超えての採用は、それなりに力があるとの証明にもなります。なので、周りの見方もなぜか20代や30代の時とは違うんです。



 

≪我を通す事の大切さ≫

そう、一見「それはダメだろ?」と思うかもしれませんね。補足すると我を通すという事自体は悪い事ではないです。ただ、我を通すというと、わがままとか、いう事を聞かないとかのイメージありますが、そういうのではなく、しっかり相手を論破する事です。しかも冷静に。一番ダメなのは熱くなる事。これは本当にダメです。面倒くさいのレッテルを張られます。しっかり、大人な対応で難しい事を言わなくていいので、自分なりに論理的に話す心かけをしましょう。絶対、この人出来るな?的な見せ方が出来るはずです。

 

≪40代の転職で意識したい事≫

40代の転職は、思っているほど難しくないです。また、2017年現在以下の通りだそうです。

2017年上半期(1月〜6月)の転職市場における求人数の増減の見込みは、11分野のうち[増加]が3分野、[緩やかに増加]が5分野、[横ばい]が3分野。求人全体としては、2016年下半期の高い水準のまま、さらに緩やかに上昇を続けそうです。
参考:転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ)

 

そうなんです、40代の人たちって20代の頃って、本当に就職氷河期で、大変でしたね。あの頃に比べるとびっくりする位、人が足りなくて面接は通り安いですよ。特にこれからは、ボーナス時期を迎えますね。ボーナス時期の後って転職者が一時的に増加します。そこも狙い目ですね。焦らず、ゆっくり転職を考えていきましょう!

 

 

僕はアパレル業を約10年やっていて、その後WEBデザインのスクールに通いIT業界に転職しました。ITに来てからは約6回位転職をしていると思います。中にはかなりのブラック企業もあり、心優しい優良企業もあり、沢山の経験をさせいていただきました。また、転職はかなり得意なほうで、現在は過去最高年収で働いています。特にここ数年で約200万位年収をアップさせました。すべては転職による物です。その経験則をツラツラと記事にしています。


Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です